ホルン

オーケストラやブラスバンドの楽曲が好きな方は、ホルンの優しい音色好きになった方もおられるともいます。

「ホルンの音が好きだから吹いてみたい!」という方も多いようです。一般的にホルンと呼んでいるものはフレンチホルンで、アルトホルンなどと比べると、丸いフォルムです。ホルンも鳴らす原理はトランペットと同じです。マウスピース(歌口)の大きさもほぼ同じか少し大きいぐらです。

​しかし、音域は基本的にトランペットより1オクターブ低い音域を主に使用しますが、音域はトランペットより広く、低音から高音まで演奏することが出来ます。なんといっても一番の特徴は音の出る部分ベル(アサガオ)が後ろ向きにむいて楽器を構えるということです。間接的に音色を響かせることでより柔らかい音色が生まれます。楽器はグルグルと巻いてありますが、全長は約3メートルにもなります。音階はトランペットとほぼ同じで基本3つバルブ(管の長さを切り替えるシステム)がついており唇や管の長さの組み合わせで音階を作ります。

管楽器コース/レッスン料

入会費5000円/初回のみ 施設費500円/月

月レッスン回数    1回のレッスン時間    お月謝 

 

2回

3回

2回

3回

 

40分

40分

60分

60分

 

9000円

13500円

13500円

19500円

ワンレッスンコース

レッスン料

入会費/無料 施設費/無料

1回のレッスン時間    レッスン料

 

60分

 

詳しくは直接お問合せ下さい。

講師紹介

ホルンの先生

管楽器コース

講師名   垣本 奈緒子 かきもと なおこ

担当楽器   ホルン

ホルンの先生

ワンレッスンコース

講師名   垣本 昌芳 かきもと まさよし

担当楽器   ホルン